アメリカン・コミックス(American Comics)

american

アメリカの漫画作品の総称であり「アメコミ」と呼ばれる事が多い。
アメリカ国内では「コミックブック」あるいは単純に「コミック」と呼ばれる。
大抵の場合、アメコミは連続した物語の形式で書かれ、薄い月刊誌に連載される。
「コミック(滑稽)」という英語の意味に反し、扱われる主題は必ずしもユーモラスな物であるとは限らず、
実際はドラマティックでシリアスな作品が多くを占めている。

ほとんどのアメコミは、32ページの薄い月刊誌(日本では「リーフ」と呼ばれる(この言い方はどうも日本独自の用語らしいのだが、アメコミ専門店ではこれで話が通じる))に連載され、サイズはB5が多く、フルカラーで構成される。実際のページ数は22P前後であり、残りは広告と読者欄となる。

1冊の価格は1ドル~2ドル強。わかりやすく例えると、日本のコミック誌に連載されている1話(1タイトル)のみが毎月刊行されているようなものとなる。その広告の掲載が少し鬱陶しく、1タイトルしかないものだから、コミックの途中に分断する形でいきなり広告が入ってくる。

日本の漫画のように複数の連載作品がぶ厚い1冊の雑誌に併載されることはなく、現在は、大手出版社によるアメコミのほとんどはフルカラー印刷である。

海外ではこのままCOMICやCOMIC BOOKと呼ばれるようです。COMICは雑誌であって、「本」ではないので、普通の書店に置かれることは稀である。雑誌と同じような発行形態なので、一度刊行されたらそれっきりで、増刷(再販)がない。ものすごく人気があったモノが再販されることも稀にあるらしいが・・・ほんとに稀である。ゆえに、レアなコミックはマニア市場では高値が付くことがある。

作品やキャラクターの著作権は慣例として「出版社に帰属」する。

このシステムは特定のキャラクターの物語を複数のアーティストが描けるので、何十年も同じキャラクターを使いまわせたり、異なる作品に登場するキャラクターを1つの作品に登場させるクロスオーバーが容易という利点をもたらした。

その一方で、本来は作者が得られるべき権利が損なわれたり、作品の作家性が失われる欠点があった。特に有名なのは、『スーパーマン』の作者ジョー・シャスターとジェリー・シーゲルの例である。1947年に、DCコミックに対する利益配分を求める裁判を起こして解雇された二人は、1975年に全米漫画家協会の支援によりDCとの示談を成立させるまでの30年間、『スーパーマン』に対する権利を主張できなかった。1992年には、マーベル・コミックの看板作家7人が独立し、アーティスト本人に作品の著作権が帰属するイメージ・コミックを設立した。

「アメコミ=ヒーロー物」というイメージの通り、スーパーヒーロー物は半世紀にわたってアメリカン・コミックを支配してきた。

しかし1960年代以前には無数の出版社により、アニマル・コミックや西部劇漫画、恋愛漫画、恐怖漫画、戦記漫画、犯罪漫画など、多数のジャンルが存在した。これらは子供向け漫画に対する規制と、一連のテレビ・映画の登場によって影を潜めた。

アメコミ二大出版社として「DCコミックス」と「MARVELコミックス」が有名。
現代の漫画の歴史としては、日本で手塚治虫が漫画家としてデビューしたのが1946年、スーパーマンやバットマンのデビューが1939年である。

MARVELコミックス

marvel-logo

アメリカン・コミックの中でもDCコミックスと並ぶ二大出版社。
日本語表記は「マーブル」「マーヴル」「マーヴェル」など様々。

1939年、マーベル社の前身であるタイムリー・コミックス社が設立される。
1957年、改称を経て「マーベルコミックス」となる。

1980年代後半から徐々に経営が悪化し、一時はマイケル・ジャクソンが買収に乗り出したこともあったが、1997年に倒産。

その後「マーベル・エンターテイメント」として再稼働したが、2009年にディズニーに買収された。

代表作
「スパイダーマン」「キャプテン・アメリカ」「X-MEN」
「ハルク」「ファンタスティック・フォー」「アイアンマン」
「マイティ・ソー」「デッドプール」「ゴーストライダー」など

※「トランスフォーマー」は マーベル社、ハスブロ社、タカラ社(現タカラトミー)
の連携で設定が作られた。

marvel-main

DCコミックス

detectivedomics-logo

MARVELコミックスと並ぶ二大アメコミの出版社。
DC=昔の社名の1つ「Detective Comics」の略称。

1934年、DC社の前身であるナショナル・アライド出版社が設立される。
それまでの「新聞などに掲載されたコミックを再録する形」ではない、新たなコミックを載せる雑誌の発刊を目指した。
いくつかの創刊の後、1937年に「Detective Comics」を創刊。

資金提供や権利の売買、会社の合併、名称の変更などを経て1961年に「DCコミックス」に社名を戻す。

合併や名称変更がなされても、雑誌に印刷されるロゴマークは常に「DC」だった。

代表作
「スーパーマン」「スーパーガール」「バットマン」
「キャットウーマン」「ワンダーウーマン」「フラッシュ」
「グリーン・ランタン」「アクアマン」「ウォッチメン」など

detectivecomics-main

クロスオーバー作品について

「クロスオーバー」とは、異なる作品に登場するキャラクターや舞台設定、世界観などがひとつの作品に登場する手法。最近ではMARVELコミックスの「アベンジャーズ」が実写映画化したことで有名。これはアメコミ業界で著しく発達した手法である。

スパイダーマンの作品にキャプテン・アメリカが出てくることもあるし、X-メンの作品にマイティ・ソーが出てくることもある。しかし、さすがに出版社が違うとクロスオーバーはされない。DCコミックとMARVELコミックのアメコミの二大出版社をまたぐヒーローは存在せず(今後は誕生しそうだが)、スーパーマンとスパイダーマンがタッグを組む姿はない。このように、出版社が違うと、クロスオーバーすることは基本的にない。
アメコミの場合、著作権が「著者」でなく「出版社」に帰属することが多いため、よく使わる。
日本では、歴代の仮面ライダー達が登場する「仮面ライダーディケイド」などが有名。

MARVELによるクロスオーバーのメジャータイトル(一部)
「アベンジャーズ(Avengers)」(1963年)
「シークレット・ウォーズ (SECRET WARS)」(1984年)
「エイジ・オブ・アポカリプス (Age of Apocalypse)」(1995年)
「シビル・ウォー (Civil War)」(2006年)

実際共演となった場合、MARVELコミックスでの設定上最強クラスは「100トンの物体を持ち上げる(ソー、ハルク、シルバーサーファーなど)」だが、DCコミックスの設定上最強ヒーロー、スーパーマンは「80万トンの物体を持ち上げる(これでも1986年のリブートで下げられた)」という設定となっており、ケタが違います。よって本来比較にならないのですが、その辺りは曖昧である。

avengers

制作形態と版権

コミックの創りとして一番の特徴は、制作における分業システムである。
日本の場合、例えば「ドラゴンボール」なら「鳥山明」だが、アメコミの場合は、脚本、作画、着色など専門分野にわかれていて、かつ同じタイトルでも作者(制作者)がバラバラとなる。タイトル(およびキャラクター・世界観)の版権は出版社がもっており、作品毎に作家を編成し、いくつもの作品を生みだしている。スーパーマンでもストーリーを考える人が違うので、原作者が死んでもお話は続くのである。

映画のような作り方だと思って間違いないだろうが、映画のタイトルの版権はプロデューサーがもっていて、脚本家、監督、カメラマン、編集、特殊技術、音響、などのスタッフを集めて制作するのと同じようなことである。つまりアメコミの場合、「このバットマンがかっこいいね!」と喜んで次を買ってみたら、絵柄も話も全然違ってたりしてガックリすることもしばしば存在する。

そのような扱いであるが故、ヒーローの共演も可能。スーパーマンとバットマンが共に戦ったり、対決したりする。最近では世界観も統合され、あちらでは違和感ないものとしてできあがっている。

X-MENのようにキャラクターが多いタイトルなどは、人気キャラクターごとにシリーズがあり、チーム編成を組み替えて独立したり、世代交代でメンバーが入れ替わるなど、様々な形態でヒーローコミックスが成立してる。日本で例えると、ケンシロウとキン肉マンがが戦ったり、ピッコロ大魔王が主人公のシリーズが全然別の作家で誕生したりするようなことである。

ヴィランについて

Villain-joker

アメコミでは悪役や敵役を「ヴィラン(Villain)」と表現する。
その中でも特に力が強かったり人気がある、いわば「悪のスーパーヒーロー」を「スーパーヴィラン」と呼ぶ。

彼らは主役(ヒーロー)の次に注目されるポジションで、カリスマ性や常人から逸脱した能力を持つ事が多い。

スーパーヴィランは日本の特撮における「怪人」というカテゴリに似ている。

また、ヴィランは必ずしも悪というわけではなく、利益のためにヒーローと共闘し、結果的に正義を行ったり、逆にヒーローがヴィランになってしまう物語も多い。

ヴィラン(悪役)とは別に、常識的なヒーローの属性に当てはまらない(正しくない/強くない/美しくない)ヒーローや、目的のためならば殺害も厭わないヒーローを「アンチヒーロー」と呼ぶ。

日本の作品で例えるなら「夜神月」や「シャア・アズナブル」などがこれに該当する。

villain-magneto

Villain-venom

スパイダーマンのヴィラン

スパイダーマンに出てくる悪役(ヴィラン)は、それぞれ様々な事情によって、最終的には人類の敵になってしまうキャラクターが多い。ここでは、サム・ライミ監督の『スパイダーマン』とマーク・ウェブ監督の『アメイジング・スパイダーマン』のヴィランを紹介。

・ドクター・オクトパス

octopus-0

正体は、オットー・ギュンター・オクタビアス(Otto Gunther Octavius)という天才物理学者。ドクター・オクトパスはヴィランの中でも人気のキャラクターで何回か復活を果たしストーリーに登場する。原作では、スパイダーマン(ピーター・パーカー)の母親代わりであるメイおばさんと婚約をしている。ピーターはドクター・オクトパスの正体を知っているが、ドクター・オクトパスはピーターがスパイダーマンだとは知らないという訳ありな設定。スパイダーマンを倒すことを目的とした犯罪グループ「シニスター・シックス」のリーダーでもある。

サム・ライミ監督の映画では、自分が開発した4本のアーム(触手型の機械腕)の電子頭脳に精神を乗っ取られ、悪のマッド・サイエンティストに変身してしまう。が、最後に自分を取り戻しスパイダーマンを救い死す。映画ではシニスター・シックスは結成されていない。

octopus

 

・サンドマン

sandman-0

正体はウィリアム・ベイカー(フリント・マルコ)。体を自在に砂に変化させることのできるヴィラン。ドクター・オクトパス率いる「シニスター・シックス」のメンバーになったこともある。アメコミではもともと犯罪者で、脱獄中に砂浜で核実験の爆発に巻き込まれて肉体を砂状にすることができるようになった設定。腕をハンマーなどの武器に変えて攻撃ししたり、砂を集めて体を巨大化させることもできます。砂だけに弱点は水。

サム・ライミ監督の映画では、ベンおじさんを殺害した張本人で、離婚した妻が引き取っている病魔に侵されていた娘のペニーを救う為に、やむなく強盗行為を繰り返す。
一度スパイダーマンに敗れるも、破壊された配水管から噴出した激流によって泥になりながらも、娘への想いによる執念からどうにか生き延び、ヴェノムとともにMJを誘拐。
援軍として駆けつけてきたハリーとの一騎打ちに敗れる。ヴェノムを撃退したスパイダーマンの前に現れ、ベンに説得されたが、相棒が駆け付けた事に気を取られた拍子に銃を暴発させてしまった事でベンを殺してしまったという真相を告白し、今でもその事を後悔し続けていた事を話す。それを聞いたピーターに「許す」と言われ、哀しみに満ちた表情のまま砂嵐になって姿を消した。

sandman

 

・ヴェノム

venom-0

初代の本名はエドワード(エディ)・チャールズ・ブロック。映画では、デイリー・ビューグルでピーターと専属カメラマンの地位を争い、写真の捏造をばらされ憎悪を燃やす。
ヴェノムは黒いアメーバのような異星の寄生生物シンビオート。スパイダーマンの能力をコピーして人間にとりつくとヴェノムとなる。第二の黒いスパイダーマンとして人気のヴィラン。
人気キャラクターゆえ、ヴェノムも代替わりをし、初代から4代目、アニメ版、映画版、アルティメット・スパイダーマンなど、若干の仕様が異なっている。

サム・ライミ監督の映画では、地球に落下した流星の中にいた黒い共生生命体がピーターに復讐しようと思っているエディ・ブロックに取り付いたもの。原作とは違い、一人称は「I(俺)」で映画内では終始「スーツ」と呼ばれる。スパイダーマンに襲い掛かるが金属音が弱点であり鉄パイプの檻に閉じ込められエディを引き剥がされる。それでも生きており巨大化し襲い掛かるも鉄パイプの音で怯まされ、ニューゴブリンのグライダーに仕込まれていた爆弾「パンプキン・ボム」を投げ込まれ、その際ヴェノムを守ろうとして飛び込んだエディと共に爆発し、消滅する。

venom

 

・リザード

lizard-0

正体はDr.カーティス(カート)・コナーズ博士。優秀な科学者。実験に失敗して片腕を無くした。爬虫類の再生能力に目をつけ、自分の腕を再生させる実験を行ったが失敗に終わり、血清の副作用によって蜥蜴人間となった。解毒剤を服用して人間に戻ったが、極度のストレスが加わると怪物化してしまう。
コナーズ博士とスパイダーマンは、協力関係にある。また映画版やアニメ版ではピーターの通う大学の教授として登場している。

映画『スパイダーマン2』ではカート・コナーズとしては登場しており、オットー・オクタヴィアスの親友という設定。

映画『スパイダーマン3』ではピーターの依頼を受け、シンビオートを調査した。小説版では続編で彼がリザードに変貌する事を仄めかす描写がある。ゲーム版ではリザードとなって登場している。
映画『アメイジング・スパイダーマン (映画)』では、ヴィランとして登場する。

lizard

 

・グリーン・ゴブリン

greengoblin-0

正体は、ノーマン・オズボーン、ハリー・オズボーン。コミック初期から登場するスパイダーマン史上最大の敵で、緑の悪魔「ゴブリン」を模した戦闘用コスチュームを着ている。主に蝙蝠に似たマシンガン付きの無人機「グライダー」に乗り、幻覚ガスやカボチャ型の爆弾「パンプキン・ボム」を駆使して戦う。薬品で知能・筋肉・運動神経などが強化されているが、副作用によって精神が蝕まれている。

ピーターの恋人だったグウェン・ステーシーを殺害するなど、ピーター=スパイダーマンにとっては忘れられない宿敵である。

サム・ライミ監督の映画『スパイダーマン1』では、ピーターの親友ハリーの父親であるノーマン・オズボーンが実験用のパワー増強剤を自ら服用し、薬の副作用で別人格が覚醒し「グリーン・ゴブリン」となり、自分の私利私欲の為に暴走を始める。スパイダーマンを懐柔しようとするも、ベンおじさんの教えを守ったピーターに敗れ、命を落とす。また、続編でも息子であるハリーの中の残留思念となって現れ、ハリーをゴブリンにしようする。『スパイダーマン3』では、スパイダーマンの正体を知ったピーターの親友、ハリー・オズボーンが父親の仇としてニューゴブリンとして登場する。
『アメイジング・スパイダーマン2』では、ヴィランの一人として登場。ノーマンがグリーンゴブリンにならなかったため、ハリーが一人目のゴブリンである。

greengoblin

 

・エレクトロ

electro-0

正体はマックスウェル・ディロン。電気工事中の落雷事故によって「人間発電機」と化した。両手から高圧電流を放つ。地球の磁場に乗って飛行もできる。空中に留まっていれば、彼の電撃は無効化される。1964年(連載2年目)に登場した古参のヴィランで「シニスター・シックス」の一員。アメコミのスパイダーマン初期から登場するヴィランです。

『アメイジング・スパイダーマン2』ではメインヴィランとして登場する。オズコープ社の優秀な電気技師だが冴えない容姿と性格から誰にも好かれなかった。スパイダーマンに助けられた恩から彼に執着するようになる。そんなある日作業中の事故(感電し水槽に落ちた際に遺伝子操作された電気ウナギに噛まれた)でエレクトロに変貌し、その力をコントロールできずに街を破壊してしまう。その際に現れたスパイダーマンに自分の名前を覚えてもらってなかったことや、彼が愛されている様子を見たことからスパイダーマンを憎むようになる。

electro

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 自己紹介

    「スパイダーマン」と「バットマン」、「X-MEN」と「アイアンマン」、「アベンジャーズ」と「ジャスティス・リーグ」の新作が待ち遠しい。アメコミとおもちゃが好きでレビューやネタバレしない程度の感想等を日々更新しています。
  • ↑ PAGE TOP