アメリカン・コミックス(American Comics)

american

アメリカの漫画作品の総称であり「アメコミ」と呼ばれる事が多い。
アメリカ国内では「コミックブック」あるいは単純に「コミック」と呼ばれる。
大抵の場合、アメコミは連続した物語の形式で書かれ、薄い月刊誌に連載される。
「コミック(滑稽)」という英語の意味に反し、扱われる主題は必ずしもユーモラスな物であるとは限らず、
実際はドラマティックでシリアスな作品が多くを占めている。

ほとんどのアメコミは、32ページの薄い月刊誌(日本では「リーフ」と呼ばれる(この言い方はどうも日本独自の用語らしいのだが、アメコミ専門店ではこれで話が通じる))に連載され、サイズはB5が多く、フルカラーで構成される。実際のページ数は22P前後であり、残りは広告と読者欄となる。

1冊の価格は1ドル〜2ドル強。わかりやすく例えると、日本のコミック誌に連載されている1話(1タイトル)のみが毎月刊行されているようなものとなる。その広告の掲載が少し鬱陶しく、1タイトルしかないものだから、コミックの途中に分断する形でいきなり広告が入ってくる。

日本の漫画のように複数の連載作品がぶ厚い1冊の雑誌に併載されることはなく、現在は、大手出版社によるアメコミのほとんどはフルカラー印刷である。

海外ではこのままCOMICやCOMIC BOOKと呼ばれるようです。COMICは雑誌であって、「本」ではないので、普通の書店に置かれることは稀である。雑誌と同じような発行形態なので、一度刊行されたらそれっきりで、増刷(再販)がない。ものすごく人気があったモノが再販されることも稀にあるらしいが・・・ほんとに稀である。ゆえに、レアなコミックはマニア市場では高値が付くことがある。

作品やキャラクターの著作権は慣例として「出版社に帰属」する。

このシステムは特定のキャラクターの物語を複数のアーティストが描けるので、何十年も同じキャラクターを使いまわせたり、異なる作品に登場するキャラクターを1つの作品に登場させるクロスオーバーが容易という利点をもたらした。

その一方で、本来は作者が得られるべき権利が損なわれたり、作品の作家性が失われる欠点があった。特に有名なのは、『スーパーマン』の作者ジョー・シャスターとジェリー・シーゲルの例である。1947年に、DCコミックに対する利益配分を求める裁判を起こして解雇された二人は、1975年に全米漫画家協会の支援によりDCとの示談を成立させるまでの30年間、『スーパーマン』に対する権利を主張できなかった。1992年には、マーベル・コミックの看板作家7人が独立し、アーティスト本人に作品の著作権が帰属するイメージ・コミックを設立した。

「アメコミ=ヒーロー物」というイメージの通り、スーパーヒーロー物は半世紀にわたってアメリカン・コミックを支配してきた。

しかし1960年代以前には無数の出版社により、アニマル・コミックや西部劇漫画、恋愛漫画、恐怖漫画、戦記漫画、犯罪漫画など、多数のジャンルが存在した。これらは子供向け漫画に対する規制と、一連のテレビ・映画の登場によって影を潜めた。

アメコミ二大出版社として「DCコミックス」と「MARVELコミックス」が有名。
現代の漫画の歴史としては、日本で手塚治虫が漫画家としてデビューしたのが1946年、スーパーマンやバットマンのデビューが1939年である。

↑ PAGE TOP